イラストレーターズ情報サイト|アールビバン

樋上いたる 新作版画展

デビュー展会場はこちら

樋上いたる版画デビュー特別連載2016.12.29更新

new

【第8回】いよいよ始動!(2016.12.29)

年が明けたら、いよいよ『樋上いたる版画デビュー展』がスタートです!
ここで、見どころを再確認~。

版画がすごい!

展示品盛りだくさん!

ご来場いただくだけでメッセージカードが貰えちゃう!

先生も来場するよ!

さらにっ会場内にて樋上先生のタペストリーをご購入いただいた方から
抽選で、タペにサインが貰えます!!!

→詳しくはこちら:http://www.jiku-chu.com/user_data/161220_01.php

2017年最初の萌活はアールジュネスにて!

【第7回】樋上いたる先生雑誌E☆2ぷらすに初登場!(2016.12.22)

ついに、樋上いたる先生が雑誌E☆2ぷらすに初登場です。

→E☆2の最新情報はこちら:http://www.etsu.jp/newest/

今回は描きおろしていただいた上、インタビューも掲載。
ファンの方も、まだファンでない方も必見です。

作品の見どころを聞くと、

『女子高生が髪の毛ごとマフラーを巻いているのが好きなので、
そこを見て欲しいです。』

と語る樋上先生。さすが、’萌え’心をついてくるっ!
そして、なんとこちらの作品も版画化させていただきました!!

E☆2ぷらすは12月27日発売、書店にGO!

会場情報へページトップへ

【第6回】版画購入特典発表!(2016.12.18)

サイン色紙

版画ご購入者には直接樋上いたる先生にサインをしてもらえるチャンスが!
樋上いたる先生の作品をお持ちいただいた方には、来場日樋上先生より
サインをいただけちゃいます。

この日の為に色紙用にも描きおろしていただきました。
当日は是非一張羅でお越し下しませ。
なお、こちらでご用意しました色紙以外へのサインはお断りさせていただきますので、 あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。

→来場会場はこちら

会場情報へページトップへ

【第5回】版画化作品発表!(2016.12.17)

今回の樋上いたる先生版画デビュー展を飾る版画作品は全部で5作品!
なんと、ここでは版画化されちゃう作品たちの一部画像を公開です。

  • 『狐に嫁入り』『狐に嫁入り』
  • 『WHITE CHRISTMAS』『WHITE CHRISTMAS』
  • 『冬景色』『冬景色』
  • 『LE ROUGE ET LE NOIR』『LE ROUGE ET LE NOIR』

この画像を見ただけで、いつどの時期、何に掲載されたのか分かってしまったあなたは
すでに樋上いたる先生プロ認定です。
全貌は会場にてお楽しみください!

会場情報へページトップへ

【第4回】ご来場時の楽しみ方(2016.12.16)

① 版画受付にお越しください。

まずご入場のさいは版画受付にお越しください。
今回、樋上いたる版画デビュー展にお越しいただいた皆様には樋上先生からの
メッセージカードをプレゼントいたします。
せっかく展示会にきたのに受付によらなかったばかりにメッセージカードを
貰わなかったということがないように!!
※各会場数に限りがございます。お早目にGETを。

② 出力原画を楽しむ。

会場にはこれまでの樋上いたる先生のオリジナル作品がずらり。
先生曰く『古い作品をみられるのは恥ずかしい…』とのことですが、
皆様の思い入れのある作品も展示されるかもです。

③ 版画のクオリティに驚く。

版画と言えばなんといっても色。
これまで見たことのある作品でも、『印刷では何度色校正しても出せなかった』再現度で
ご覧いただけます。
会場でびっくりしてください。

④ 来場展に参加する。

今回は東京・名古屋・大阪・福岡の4カ所に先生が登場。
普段聞けないあれやこれやを聞けちゃうトークショーを開催です。
対象会場では質問箱を設置、じゃんじゃん質問しちゃいましょう!

⑤ ウチに帰るまでが展示会です。

帰り道は、展示会の感想をかみしめるあまり注意力散漫にならないよう
十分気を付けてお帰り下さい。

会場情報へページトップへ

【第3回】作家インタビュー公開(2016.12.15)

版画デビューを記念してということで、まずは先生ご自身にあれこれ質問です。

―まずは、ペンネームの由来を教えてください。

ペンネームを決めようとなったとき、ちょっと変わった感じがいいなと思っていて
その話を友人にしたら『上司の名字が変わっていて~』となり、そのままその上司の『樋上』を
ペンネームにつけちゃいました。
いたる』は漫画のキャラクターから取っています。

―いつ頃から絵を描くようになりましたか?

小学生から描いています。漫画家になりたいとずっと思っていました。

―では、いつごろからプロを目指すようになったのですか?

20歳ごろからです。一度ふつうにOLとして就職したのですが、友達の妹さんが
会社やめて代々木アニメーションに行くという話を聞いて、自分も行きたいなぁと。
やっぱり絵を描いていたくて、一緒に代アニに通いだしてから、本格的にプロを目指しはじめました。
漫画家コースだったので、今とは全然違うんですが。

―プロになってみて変わったことがあれば教えてください。

え~、特にないです(笑)

―『自分らしい』イラストを描くときに気をつけていることはありますか?

目がどうしても大きくなってしまうので、たぶんそれが特徴とは思うのですが、
自分では小さくするように気を付けています。
目が大きい絵のほうが好きなんですけどね。より多くの人に受け入れてもらうようにしたくて
小さくするように気を付けています。
でも、自分らしさとの兼ね合いが難しいです。

―配色で気を付けていることがあれば教えてください。

暗い絵の時は彩度が低くなりがちなので、低くなりすぎないように気を付けています。
会社に所属していると会社のために描いた絵は自分で全部は塗らないので、自分で全部塗るときは、
いろいろチャレンジするようにしています。

―版画への興味・期待することをお願いします。

試し刷りを見せて戴いて色がすごくきれいなことにびっくりして、展示されるところを見るのが
すごく楽しみです。
今までの印刷は、’効果’とかなかなかなかったので、初めての色校正の時はワクワクして
感動しました!

今更なご質問も沢山ある中、気さくに丁寧にお答えいただいた樋上先生ですが、版画の色校正の際は
色の再現度の高さに、感動して頂きました。
会場では先生が目を見張った版画のほかにも、出力原画などで、先生オリジナル作品の軌跡なども
追っちゃいますので乞うご期待です!

会場情報へページトップへ

【第2回】-号外- 樋上いたる先生来場決定!!(2016.12.08)

特報 樋上いたる先生 版画展来場決定!

会場情報へページトップへ

【第1回】樋上いたる先生からのメッセージ(2016.12.01)

樋上いたるです!
版画デビューというのはなかなか緊張しますね。
あまりオリジナルを描いていなかったので、古い絵もありますが
不安でいっぱいです。
過去から現在までの自分を見ていただくという形では
すごくいい感じになるんではないでしょうか?
自分自身はあまり古い絵は恥ずかしいのですが…。
楽しんでいただけると嬉しいです!

樋上いたる

会場情報へページトップへ

  • 福島会場
  • 岡山会場
  • 福島会場
  • 滋賀会場
  • 静岡会場
  • 宮城会場
  • 福井会場
ページトップへ